【夏までに】すぐにくびれを作る方法:骨盤ガードル・骨盤ショーツ

夏までにすぐにくびれを作る方法があります。それはズバリ骨盤矯正用といわれる骨盤ガードルを着用してしまうことです。





『そんなに簡単にいっても、本当にできるの?』と思われるかもしれません。


たしかに、今からダイエットしたところで、2ヶ月あったとしても2kgやせるのが関の山。


そもそも、急激にやせたってリバウンドも見えています。


では、どうしようというのでしょうか。それをこれから説明していきます。


さて、『一気にくびれを作りましょう!』っていっても一般的には急激にやせるのはリバウンドの危険性も高く、簡単にはいきません。





であれば、劇的に本当にやせるわけではないけど、まずは体型改善効果があると高評価の【骨盤ショーツ】や【骨盤ガードル】といわれるものを着用することで、『一時的ではあれ、くびれて憧れの体型を味わってみましょう。』ということです。


人間とは不思議なもので一度いい思いをすると継続的にそれを味わいたいと思うものです。


なので、いちど偽クビレでもいいのでくびれをつくって、ちょっとだけ、ちやほやされる経験をしてみましょう。すると、きっと『もとには戻れない』と感じちゃうんです。


すると、ちょっとしたダイエットや食事制限が自然とできちゃいます。


『まずは、結果が出たときに味わうであろう状況を先取りして味わっちゃいましょう、、、』っていうのが、【骨盤ショーツ】や【骨盤ガードル】と言われるものです。


ぜひ、いちど、味わっちゃいましょう。【くびれた自分を!!】


それではタイプ別にくびれを作る方法をあらためてみていきましょう。


今回は、4つのタイプにわけてみました。つぎの4つのタイプです。


1.運動オンチで運動嫌いな人
2.産後で2ヶ月たったけど体型が戻らない人
3.ずっと幼児体型な人
4.体脂肪率は低いのにぽっこりお腹という人

1.運動オンチで運動嫌いな人

運動嫌いな人は運動がキライであることには理由があって、それはズバリ、【運動オンチ】だからです。





でも、そんなことはとやかくいわれたくなくて、とにかく『くびれを作りたい』っておもうけど、どうしても運動がきらいなこともあって、『くびれることができない!』


こんな方には【骨盤ショーツ】や【骨盤ガードル】といわれる矯正下着がおすすめです。


いったん、運動オンチな人でも、ぱっと見のみかけがきれいになったら、人に見せたくなって運動がしたくなるものです。


かくいう私がそうだったのですが、【骨盤ショーツ】や【骨盤ガードル】のたぐいを身に着けたとたんに、きれいなボディラインになり、薄着でなんだか友人にも見てほしくなっちゃいました♪


もちろん【骨盤ショーツ】や【骨盤ガードル】なしでは見せれたものではないのですが、嘘でもきれいなボディラインができると見せたくなるものです。


嘘だと思ったらぜひ一度、【骨盤ショーツ】や【骨盤ガードル】のたぐいを着用してみることをおすすめします。周りの見る目がすこーーし、、、いや、かなり変わります♪♪♪






来週には、あなたはもしかしたらジム通いをはじめてるかもしれないですね♪

2.産後で2ヶ月たったけど体型が戻らない人

これもまた、『くびれない人ランキング』に上がってくるタイプです。産後は元の体型にもどるのに、6ヶ月、つまり半年ほどかかるというのが一般的な話です。


たとえば、妊娠して12キロ太ったのだけど、産後1ヶ月では、半分ももどっていない、という人もいるかもしれません。


でも、目安としては、半分もどってなかったら、これはもう黄色信号と言って間違いないでしょう。





なぜなら、意外に12キロくらい太った人でも1ヶ月であっという間に8キロくらい痩せてしまう人はいるからです。この場合、66%くらい体重が改善されています。


ぜひ、この数字を参考にしたいものです。

3.ずっと幼児体型な人

ずっと幼児体形な人って、やっぱりくびれを作ることに憧れているとおもいます。ならば、それこそ作っちゃいましょう!





やはり体型というのは、ダイエットをしたりちょっと腹筋をしたりしても、そう簡単には自分の思い通りのスタイルにはならないものです。


また、ずっと幼児体型、つまり寸胴である体型で育ってきた人は、そのように体の組織がインプットされているのでそう簡単にはスタイルはかわっってくれません。


なので、『こうしたい!』っていうスタイルに強制的にすることができる『骨盤ガードル』や『骨盤ショーツ』といわれるものがおすすめなのです。


たしかに、こうした商品は一時的なものであり決してダイエット効果が大いに望めるものではありません。


ですが、薬でもプラシーボ効果といわれる、ある意味、体の勘違い現象があります。





これは体が勘違いをおこして、本来効果がないはずなのに、体が勘違いして効果があるように感じてしまうということです。


ずっと、幼児体型で生きてきた人だからこそ、『骨盤ガードル』や『骨盤ショーツ』といわれるもので、強制的に体型を修正することが、体にいい意味で勘違いをおこさせるきっかけになりうるものだとおもいます。

4.体脂肪率は低いのにぽっこりお腹の人

このタイプは、たとえば身長は150cmくらいで、体重が40kgも行かないくらい人のイメージです。


こうした人達は、体脂肪率も低くて、一見すると痩せていそうなのですが、スタイルは意外にもわるくて、お腹がぽっこりとでているパターンです。





こうしたタイプの人は、痩せて入るのですが、腹筋などの筋力がまったくないので、内蔵を下から支えることができずに、お腹のところに内蔵が垂れ下がってきてしまっているのです。


こうした人達は、腹筋などしたほうがいいのですが、運動オンチで運動嫌いの人たちとおなじで、そうした運動があまり好きでないから、痩せてしまってなおかつお腹がぽっこりと出てきた経緯があります。


なので、こうした人達もまずは、『骨盤ガードル』や『骨盤ショーツ』といったものをつかってくびれを作ってみることをおすすめします。


きっと自分の姿に惚れ込んで、たとえば『腹筋をつけてぽっこりお腹をなおそう!』っておもえるかもしれません。


そうおもったら、完璧です。あとは、人間とは潜在意識のなかでそうした理想にむかって活動していくようになっているので、ちょっとした意識だけで十分なのです。


はみがきって、普段あまり気にせず、毎日やっていますよね?


あれといっしょです。


いちど、【くびれのある自分】をみたら、潜在意識にまでインプットされます!! それが、『骨盤ガードル』や『骨盤ショーツ』といったものの本当の狙いなのです!!




※まずは【くびれ体験】をしてみる?




※公式サイトのセット売りが単価は最安値です。

 

サイトマップ